CLINICSカルテの料金・価格・費用

catch-img

【今すぐ使える!】クリニック開業時におすすめの事業計画書テンプレート!書き方もわかりやすく解説します!

「事業計画書は本当に大切なの?」

「事業計画書が必要な理由を知りたい」

クリニックの開業にあたり事業計画書を作成する必要がありますが、上記のような疑問を抱く方もいます。

初めてクリニックを開業する場合、なぜ事業計画書の作成が重要なのかイメージできない方もいるでしょう。当記事では、クリニックの事業計画書を作成する目的やクリニックの事業計画書が必要な3つの理由などを紹介します。




\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニックの事業計画書を作成する目的


クリニックの事業計画書を作成する目的は、開業に伴うリスクを最小限に抑えるためです。

事業計画書が曖昧だと不要な医療機器を導入してしまったり理念に合わないスタッフを採用したりするなど、経営に悪影響を及ぼす可能性があります。

詳細な事業計画書を作成すると、戦略が明確になり安全にクリニックを運営できるでしょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニックの事業計画書が必要な3つの理由


クリニックの事業計画書が必要な理由は次の3つです。

  • 開業後に安定して経営するため
  • 融資に通るため
  • 運転資金不足を防止するため

それぞれ詳しく紹介します。

1.開業後に安定して経営するため

クリニックの事業計画書が必要な理由は、開業後に安定して経営するためです。

クリニックは開業して終わりではなく、経営を安定させる必要があります。事業計画書が曖昧だと、不要な医療機器の購入などにより資金不足に陥る場合も少なくありません。

詳細な事業計画を作成すれば、開業後の資金繰りで困ることが少なくなり安定した経営につながるでしょう。

2.融資に通るため

融資に通るためにも、事業計画書は必要です。

クリニックの事業計画書は、以下の3つで構成されています。

  • 経営基本計画
  • 収支計画
  • 資金計画

収支計画と資金計画には、必要な資金の具体的な記載が必要です。資金について記載されていると、融資する銀行がお金を貸していいか判断しやすくなります。

融資先から信頼を獲得し、審査に通るためにも事業計画書は詳細に作成しましょう。

3.運転資金不足を防止するため

事業計画書を作成することで、運転資金不足を防止できます。

クリニックを開業しても経営が上手くいくとは限りません。先を見越した資金を準備していない場合、資金不足に陥りクリニックを続けられなくなります。

事業計画書があると、必要な資金が明確になり安定して経営することができるでしょう。

開業後の資金不足を回避するためにも、事業計画書の作成は重要です。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


事業計画書の書き方


事業計画書の書き方は、以下の2つです。

  • 数字で表示する項目
  • 言葉で表示する項目

それぞれ解説します。

数字で表示する項目

事業計画書の中で、数字で表示する項目は以下の通りです。

  • 資金調達方法
  • 初期費用
  • 固定費
  • 損益分岐点

言葉で表示する項目

事業計画書の中で、言葉で表示する項目は以下の通りです。

  • コンセプト
  • 経営理念
  • 医師を目指した理由


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


事業計画書を作成する際の5つのステップ


事業計画書を作成する際の流れは以下の通りです。

  • 開業資金(初期投資)の見積もり
  • 支出の見積もり
  • 収入の見積もり
  • 資金繰り表の策定
  • 開業までのスケジュール策定

それぞれ詳しく紹介します。

1.開業資金(初期投資)の見積もり

事業計画書を作成するにあたって、最初は開業資金の見積もりを出す必要がありますま

開業当初は物件の費用や医療機器の購入費用、内装工事代などが必要です。また、クリニックの認知度を広めるための広告費やコンサルティング代も含まれます。

融資を受けるためにも、開業資金の見積もりを出しましょう。

2.支出の見積もり

開業資金の見積もりが決まったら、支出の見積もりを出しましょう。

クリニックで支出となる項目は、固定費と変動費に分けられます。固定費ではスタッフの人件費や賃借料、水道・光熱費が対象です。

変動費としては薬品費や診療材料費などが該当します。

特に医療機器や賃借料は高額です。大きな出費になるため、どれくらいの金額になるか事前に把握しておきましょう。

3.収入の見積もり

支出のあとは、収入の見積もりを出しましょう。

クリニックの収入に含まれる項目は、以下の通りです。

  • 患者数
  • 診療日数
  • 患者一人当たりの平均単価

1日の患者数は診療科目によって大きく異なります。例えば、頻繁に手術が必要な診療科目であれば対応できる患者数は少なくなるでしょう。

患者数を計算する場合は、患者数が多い場合と少ない場合の両方を検討すると見積もりを立てやすくなります。

診療日数に関しては、1年間で何日営業するのか検討しましょう。また、患者一人あたりの平均単価も診療科目によって異なります。

上記の項目を考慮した上で、クリニックの収入がいくらになるか見積もりを立てましょう。

4.資金繰り表の策定

収入の見積もりまで立てられたら、資金繰り表を策定しましょう。

開業時、不要な医療機器などの導入により資金繰りが上手くいかないことは少なくありません。詳細な資金繰り表を策定すると、不要なものに費用を割かなくなり経営を安定させられます。

資金繰り表で記載が必要な項目は以下の通りです。

  • 毎月の支出
  • 毎月の診療収入
  • 開業時に用意できる運転資金
  • 月末の運転資金残高

資金繰りが上手くいかない場合、追加で融資を受ける必要が出てきます。

追加融資を受けることなく安定して経営できるように、資金繰り表は正確に策定しましょう。

5.開業までのスケジュール策定

資金繰り表を作成したあとは、開業までのスケジュールを策定しましょう。

開業に伴い準備するものは数多くあります。開業までに物件の選定や内装工事、スタッフの採用などが必要です。

また「開業の1ヵ月前には内装工事を完成させる」など、開業日から逆算したスケジュールを策定しなくてはいけません。

開業後スムーズに運営するために、スタッフの教育も必要であるため1〜2年ほど準備期間があると抜け目なく準備することができます。

開業の失敗を防ぐためにも、開業までのスケジュールを綿密に決めましょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニックの事業計画書テンプレートについてよくある質問


クリニックの事業計画書テンプレートについてよくある質問は以下の通りです。

  • 事業計画書を作成する際の注意点とは?
  • 事業計画書は自分で作成すべき?
  • 開業を成功させる資金計画の考え方とは?

疑問を解消できるように、それぞれ詳しく回答していきます。

1.事業計画書を作成する際の注意点とは?

事業計画書を作成する際は、以下の項目に注意しましょう。

  • 初期費用を抑える
  • 収入は厳しく見積もる
  • 計画の見直しや開業時期の変更

開業時の支出や負債はおおよそ見積もり通りになりますが、収入は見積もり通りにいかない可能性があります。

患者数を確保できず、予想より収入を見込めないケースもあるでしょう。収入を見込めない場合を想定して、不要な投資はせずに初期費用を抑えることが大切です。

「十分な収入を見込めない」「開業を失敗するリスクが大きい」などの場合は、計画や開業時期の変更も必要です。

2.事業計画書は自分で作成すべき?

事業計画書は、開業コンサルタントへ依頼しても良いでしょう。

ただし、開業コンサルタントへすべてを依頼するのはおすすめできません。

開業医が事業計画書の内容を把握するためにも、大まかな部分は自分で作成し、開業コンサルタントには修正などを依頼しましょう。

3.開業を成功させる資金計画の考え方とは?

開業を成功させるには逆算思考が必要です。

「必要な生活費はいくら」「毎月これくらい貯金したい」などを先に決めると、大きな支出も避けられます。

不要な出費により資金不足になる開業医も多いため、逆算思考を取り入れると開業が成功しやすいでしょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


まとめ


ここまで、クリニックの事業計画書を作成する目的やクリニックの事業計画書が必要な3つの理由などを紹介しました。

事業計画書は開業時に加えて、経営を安定させるためにも重要です。詳細な事業計画書があると支出や収入が明確になり、資金不足を回避できます。

将来的に開業予定の方は、安定して経営できるように時間をかけて事業計画書を作成しましょう。

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

この記事の監修者。株式会社メドレーCLINICS事業部マーケティングチームリーダーの阿部 瑛。慶應義塾大学卒業。ファッションレンタルサービスを運営する企業にて、3年間マーケティングと新規事業を担当。2021年より株式会社メドレーに入社。 オンライン診療・電子カルテ・WEB問診のマーケティングを担当。

お役立ち資料

次世代の電子カルテ完全ガイドブックを無料で贈呈

人気のダウンロード資料


セミナー・デモのご案内

CLINICSカルテの画面や操作感を実際にご体験いただけます

週間人気記事ランキング


記事検索


タグ一覧