CLINICSカルテの料金・価格・費用

catch-img

クリニック経営について徹底解説|失敗する原因や成功させるためのポイントについてご紹介

「クリニック経営が初めてで不安」

「クリニック経営の注意点を知りたい」

クリニックを開業して経営したいと思いながらも、上記のような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

クリニックを経営するにあたり、失敗する原因や成功させるポイントを理解していると安定した経営を実現できるでしょう。

当記事では、クリニックの経営に失敗してしまう4つの原因やクリニックの経営を成功させる8つのポイントを紹介します。




\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニック経営とは?


クリニック経営とは、医療スタッフや医療機器の管理、集患など、クリニックの売り上げに関わる管理や運営を指します。

クリニック経営に注力することで、患者数の増加や認知度アップにつながり、売り上げを向上させることができるのです。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニック経営を失敗してしまう4つの原因


クリニック経営を失敗してしまう原因は以下の通りです。

  • 院長が業務に追われている
  • 上手く集患できない
  • 患者のリピート率が高くない
  • 離職率が高い

それぞれ詳しく解説します。

1.院長が業務に追われている

院長が業務に追われてしまうと、クリニック経営は失敗する可能性が高くなります。

院長は医療業務だけでも大変な上に事務作業なども担当すると、さらに忙しくなり余裕がなくなります。医療業務に注力できないと、患者への対応が雑になり満足度の低下につながります。

院長が患者の診察や治療にリソースを割けるように、事務や医療スタッフなど必要な人員を採用しましょう。

2.上手く集患できない

上手く集患できないと、クリニック経営は失敗してしまうでしょう。

患者数はクリニックの売り上げに直結します。売り上げを上げるには、クリニックの認知を広めて多くの患者に来院してもらわなければいけません。

クリニック競合が多いと患者から選ばれにくくなります。

上手く集患するために、競合が少ない地域を選び効果的な宣伝を打ちましょう。

3.患者のリピート率が高くない

経営が失敗するクリニックは、患者のリピート率が高くない傾向にあります。

患者のリピート率を高めるには、ニーズに適した診察や治療を提供しなくてはいけません。患者と誠実に向き合っているつもりでも、診察時間が短かったり待ち時間が長かったりすると満足度低下につながります。

「滞在時間を短くしたい」など患者のニーズを把握した上で、質の高い診察や治療を提供しましょう。

4.離職率が高い

看護師や事務など、医療スタッフの離職率が高いと、クリニック経営はうまくいきません。

医療スタッフがすぐにやめてしまうと、業務が回らなくなります。また、採用に必要なリソースを確保しなければいけません。離職率を下げるには、クリニックの課題を把握することが重要です。

「残業時間が長い」「医療業務以外の負担が大きい」など、クリニックによってさまざまな課題が見つかるでしょう。

クリニックの課題を解決して、医療スタッフが快適に働ける環境を作ることが大切です。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニック経営を成功させるための8つのポイント


クリニック経営を成功させる8つのポイントは以下の通りです。

  • クリニックの経営理念を策定する
  • コンサルタントへ相談する
  • 独自の方向性を明確にする
  • 患者ファーストで行動する
  • 地域連携を拡充させる
  • 定期的に情報を発信する
  • 経費の削減を図る
  • 院内の労働生産性を向上させる

それぞれ詳しく紹介します。

1.クリニックの経営理念を策定する

クリニック経営を成功させるには、経営理念を具体的に策定しましょう。

経営理念を策定する際は「どんな思いで開業したのか」「クリニックが目指す目標」など、さまざまな思いを参考にするのがおすすめです。

経営理念は院長がクリニックを運営する使命や目的、信念であり、院長が経営理念を確実に把握し医療スタッフにも共有する必要があります。経営理念はクリニックで働く医療スタッフの行動指針です。

経営理念を院長から医療スタッフまで共有できていると、業務で壁にぶつかった時も同じ意識で対応できるでしょう。

患者の満足度を向上させ、理想のクリニックを目指すためにも経営理念は時間をかけて策定してください。

2.コンサルタントへ相談する

クリニック経営を成功させるためには、コンサルタントへの相談もおすすめです。

初めてクリニックを開業する場合、医療の知識はあっても経営に関する知識を持ち合わせている方は少ないでしょう。クリニックを経営するにあたって、何から手をつけていいかわからない方も多いはずです。

クリニック経営に不安がある方は、コンサルタントへ相談してみましょう。

コンサルタントは物件の選定や問題が起きた時の対応など、クリニック経営に関するサポートを提供しています。経営に関するプロの意見を参考にして、クリニックを経営できるため失敗のリスクが下がるでしょう。

初回無料相談を掲げているコンサルタント会社もあるため、不安を感じている方は一度相談してみましょう。

3.独自の方向性を明確にする

クリニック経営を成功させるには、独自の方向性を明確にしましょう。

患者を獲得するには、他のクリニックにはない魅力を作り差別化する必要があります。「専門的なクリニックを目指す」「電子カルテやWeb問診システムを導入する」など、さまざまなポイントで差別化できるでしょう。

患者のニーズに沿ったポイントで、独自の方向性を示せると競合に負けないクリニックになります。

4.患者ファーストで行動する

患者ファーストでの行動が、クリニック経営を成功に導きます。

クリニック経営は、患者がいなければ成り立ちません。丁寧な声かけやあいさつなど、患者を喜ばせる行動は何かを考える必要があります。

常に相手の目線に立ち、患者ファーストで行動すると満足度向上につながり継続的に来院してもらえるでしょう。

5.地域連携を拡充させる

何かあった際にバックアップしてくれる病院や、薬局など、地域連携を拡充させましょう。

すべての業務を1つのクリニックで行うのは不可能です。地域にある介護施設や病院と、診察や治療を連携して行うと自クリニックの役割に注力できるようになります。

地域の中で求められている役割を把握すると、周りの施設と連携しやすくなるでしょう。

6.定期的に情報を発信する

クリニックの認知度を高めるためにも、定期的に情報を発信しましょう。

昔と違い、患者はスマホやパソコンを使って病院を検索して来院します。インターネットやSNS上で定期的に情報発信すれば、患者の目に止まりやすくなり来院につながるでしょう。

クリニックの特徴がわかるホームページや、院内広報の作成も有効です。

7.経費の削減を図る

クリニックを黒字化させるためにも、経費を削減しましょう。

クリニック経営に必要な軽費は、人件費やランニングコスト、戦略経費がメインです。経費を削減するには、採用方法や医療機器の見直し、SEO施策の費用対効果の確認などが必要でしょう。

経費の実態に目を向けると、削減できるポイントが見つかるでしょう。

8.院内の労働生産性を向上させる

クリニック内の労働生産性の向上を目指しましょう。

クリニック内で紙媒体のカルテや、手作業でのお釣りの受け渡しなどはスタッフに負担がかかります。労働生産性を向上させるために、ITの導入を検討しましょう。

電子カルテやWeb問診システムなどを導入すると、業務を効率化できて負担も減り、労働生産性が向上します。

ITを導入し、医療スタッフと患者のどちらも満足できるクリニックを目指しましょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


まとめ


ここまで、クリニック経営に失敗してしまう4つの原因やクリニック経営を成功させる8つのポイントを紹介しました。

クリニック経営を成功させるには、コンサルタントへの相談や地域とのつながりが必要不可欠です。

自分のクリニックだけでは上手くいかないことも多いため、周りの病院や介護施設、行政とも協力してクリニック運営を成功させましょう。

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

この記事の監修者。株式会社メドレーCLINICS事業部マーケティングチームリーダーの阿部 瑛。慶應義塾大学卒業。ファッションレンタルサービスを運営する企業にて、3年間マーケティングと新規事業を担当。2021年より株式会社メドレーに入社。 オンライン診療・電子カルテ・WEB問診のマーケティングを担当。

お役立ち資料

次世代の電子カルテ完全ガイドブックを無料で贈呈

人気のダウンロード資料


セミナー・デモのご案内

CLINICSカルテの画面や操作感を実際にご体験いただけます

週間人気記事ランキング


記事検索


タグ一覧