受付管理

CLINICSカルテの「受付管理」について

CLINICSカルテの受付画面は、当日の受診患者、患者様の受付状況を一覧で確認できるだけでなく、効率的に受付管理を行うための機能を備えております。

「受付管理」の機能紹介

患者状況を一覧で管理可能

受付画面には、当日受診される患者様が一覧で並びます。
一覧に表示される項目は、「診察予定時間」「受付時間」「ステータス」「氏名」「性別」「カルテ番号」「診察メニュー」「担当医師」「メモ」「ラベル」です。
受付画面上で、受付から会計までの操作、メモの編集、ラベルの設定、担当医の変更などの操作が可能です。
初めて受診される患者様の場合、受付画面での受付時にあわせて患者登録を行うことが可能です。このとき保険情報も一緒に登録できますので、後から別画面を開いて登録するといった必要はありません。

項目による絞り込み

患者様の状況によって「受付待ち」「診察待ち」「診察中」「会計待ち」「完了」「キャンセル」というように、一覧のステータスは自動的に変わります。
一覧はステータスごとに絞り込んで表示することが可能です。
絞り込みはステータスだけでなく、「担当医師」「診療メニュー」「ラベル」ごとに行うことも可能です。

CLINICSオンライン診療、CLINICS予約と連動

CLINICSオンライン診療、CLINICS予約と合わせて使うことで患者様は24時間・365日いつでもWeb予約でき、予約はリアルタイムで受付一覧に反映されます。
対面での予約だけでなく、Web予約を含めて、一元管理を行うことができます。

「受付管理」の活用イメージ

利用場所にあった適切な絞り込み表示で一覧の視認性を向上

受付窓口や診察室など、どの場所でカルテを利用するかによって受付画面で確認したい患者様は異なりませんか?
例えば、診察室では「診察待ち」ステータスの患者様のみ絞り込み表示しておくことで、診察をお待ちの患者様を素早く確認することができます。

メモ・ラベルを活用したスムーズな院内コミュニケーション

メモ機能ラベル機能を活用すると、スタッフ間のスムーズなコミュニケーションを実現できます。 例えば、受付で患者様からお聞きした「検査やお薬の希望」など、先生に伝えたい内容を受付画面からメモやラベルに入力しておくと、患者様のカルテ画面からその内容を確認することが可能です。 同様に「処置依頼」のような、先生からスタッフへ伝えたい内容は、カルテからメモ・ラベルに入力することで受付画面にて確認できます。

こちらの機能もご覧ください

CLINICSカルテの「自動精算機・セルフレジ連携」について

自動精算機やセルフレジと会計情報を連携できます。効率的に会計業務を行え、感染リスクの低減や誤計算の防止効果も期待できます。

CLINICSカルテの「自動算定」について

患者様の診察情報をもとに算定可能な項目をシステムが判定し、自動で算定を行います。自動算定される項目はオーダーを入力する必要がありません。

CLINICSカルテの「適応症・投与量チェック」について

適応症・投与量チェックでは、『適応症チェック』『非適応症チェック』『投与量チェック』『投与日数チェック』の4種類のチェックを行うことができ、医療リスクを回避できます。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)