メモ機能

CLINICSカルテの「メモ機能」について

メモ機能は、患者様来院当日に使用できる当日メモと、患者様に恒久的に紐づく患者メモの2種類のメモを作成、保存することができる機能です。
メモ機能(イメージ)

「メモ機能」について

当日メモ

当日メモは、患者の診察予約がある、受付済みであるなど、当日のカルテが作成済みの場合に、記載・表示できるメモです。
当日メモは翌日以降に引き継がれることはありませんが、内容が消えるわけではなく、過去の当日メモを確認することが可能です。
メモが表示されるのは、受付画面、カルテ2号用紙画面、会計画面となります。

患者メモ

患者メモは患者様そのものに紐付き、全ての診察日の受付画面やカルテ上で、常時記載・表示することができるメモです。
メモ機能には最終更新日が記載されるため、いつの時点で入力されたメモであるのかが一目でわかります。
メモが表示されるのは、当日メモと同様受付画面、カルテ2号用紙画面、会計画面となります。

「メモ機能」の活用イメージ

当日メモで個別性の高い情報を管理

当日の情報共有が必要だが、個別性が高くラベル機能では管理が難しいような内容を当日メモで共有することが可能です。
例:「同伴者(xx様)がいらっしゃいます」「xx病院からの紹介状を持参されています」

当日メモで情報の受け渡しを行う

院内での情報の受け渡しを行う場合には、当日メモを使うと便利です。
例:「10:25呼び出しましたが不在でした(事務)→10:45戻ってこられています(事務)→ xxさんの後にお呼びします(医師)」

患者メモで要約を管理

治療経過や処方内容、治療方針などのサマリを記載、更新していくことが可能です。当日のカルテを開きながら閲覧、編集することが可能なので、任意のカルテから簡単に転記することができます。

患者メモで恒久的な申し送り事項を記載

ハンディキャップがあり特別な配慮が必要な患者様、特殊な会計方法を行う必要がある患者様など、対応時に確認しておくことがある場合、恒久的な申し送り事項として患者メモを活用できます。

こちらの機能もご覧ください

CLINICSカルテの「受付管理」について

「CLINICSカルテ」の受付画面では、当日の来院患者、診療ステータスなどの受付状況を一覧で確認することができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「受付管理」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「患者登録」について

「CLINICSカルテ」の患者登録は、シンプルな一連の操作で行うことができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「患者登録」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「メモ機能」について

「CLINICSカルテ」のメモ機能は、患者様来院当日に使用できる当日メモと、患者様に恒久的に紐づく患者メモの2種類のメモを作成、保存することができる機能です。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「メモ機能」について紹介しています。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)