ラベル機能

CLINICSカルテの「ラベル機能」について

ラベル機能は、受付画面や診察画面で患者様ごとにラベルを貼ることができる機能です。
ソートや検索とは異なり、一覧性を失うことなく、患者様を任意の属性ごとに整理することが可能になります。
ラベル機能(イメージ)

「ラベル機能」について

自由にラベルを作成

設定画面から、自由なラベル名称を作成することができます。
ラベル発行数には上限はなく、患者様の属性、細かな診療状況、検査の有無など医院の運用を補助するための様々なカスタマイズが可能です。

患者様の属性や診察状況を管理

患者様の属性や診察状況を表すラベルを患者様に付与して、管理することができます。
1人の患者様に複数のラベルを付与することができます。
ステータスは、ラベルをはがす、ラベルを付けることで変更できます。
受付一覧画面のラベル機能と診察画面のラベル機能は同期しているため、どちらか一方にラベルを付けた場合、もう一方にも自動で同じ内容が反映され、異なる業務を行う多職種間での情報伝達が可能です。

「ラベル機能」の活用イメージ

患者様の詳細な院内ステータス管理として

受付後の患者様の導線を把握できるよう、現在の患者様の状況を見える化できます。
「検査待ち」「点滴中」「再診察待ち」「リハビリ中」「処置中」など、診療ステータスでは補えない細かな医療機関ごとの運用フローを表現することができます。

患者様の優先度によって診察の順番を変えたいときに

「急患」「外出中」「急ぎ対応」などのラベルを活用すれば、患者様の優先度を変えて対応することができます。
受付一覧画面の中から優先して対応するべき患者様が一目で分かります。

患者様の追加属性管理として

保険種別や、「インフルエンザ予防接種」などの患者様が希望する定型的な診療内容、「診察前検査セットxxx」など、診療メニューでは管理することが難しい詳細な属性を追加し、患者様ごとの診療パターンを管理することも可能です。

紙カルテで行っていた付せん運用の代わりに

「未入金あり」「確認書類あり」「書類預かり」など、従来紙カルテでは付せんで、電子カルテではメモ欄などで行っていたような、患者様に対して当日のみ対応が必要なパターン化されたアクションを備忘として電子カルテ上で明示することができます。
ファイルが行き来したり、紙ファイルの手渡しのために人が動く必要がなくなります。

こちらの機能もご覧ください

CLINICSカルテの「受付管理」について

「CLINICSカルテ」の受付画面では、当日の来院患者、診療ステータスなどの受付状況を一覧で確認することができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「受付管理」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「患者登録」について

「CLINICSカルテ」の患者登録は、シンプルな一連の操作で行うことができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「患者登録」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「メモ機能」について

「CLINICSカルテ」のメモ機能は、患者様来院当日に使用できる当日メモと、患者様に恒久的に紐づく患者メモの2種類のメモを作成、保存することができる機能です。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「メモ機能」について紹介しています。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)