一般社団法人長崎医療研究所
OsiriXとの連携

OsiriXとは?

Osirix 製品画像
OsiriX(オザイリクス)は、ジュネーブ大学で開発されたオープンソースのDICOM(ダイコム) ビューワ/PACSです。

長崎医療研究所では、商用化されているOsiriX MDをベースに、Apple Macintosh製品との組合せにより、予算と用途に柔軟に対応する非常にコストパフォーマンスに優れた、画像観察環境を提供しています。

DICOMという医用画像の規約に基づいた検査機器との接続により、検査画像を蓄積し容易に検査画像を観察できます。

電子カルテシステムとの連携により、診察時に電子カルテの画像呼出ボタンで、患者の過去画像を含むデータを展開表示が可能であり、スマートな診察が行えます。

院外から提供されたCD等の外部保管媒体からのデータ取込みも可能です。
取り込んだデータの患者ID変更も容易に行え、画像データの一元管理が可能です。
院外向けのメディア出力も可能です。

※米国FDA認証済ですが日本国内の医療機器認証番号は未取得となるため、患者への説明や画像観察は行えますが、読影診断業務には適しません

提供企業:一般社団法人長崎医療研究所(http://www.nricybermedical.com/nagasaki.html

長崎医療研究所 ロゴ

仕様情報

通信方式

TCP/IP DICOM

サポート可能地域

全国

時間外・休日対応

リモートによる対応(要別途契約)

OsirixとCLINICSカルテの連携

ビューワ連携

CLINICSカルテの診察画面の中にあるOsirix起動ボタンをクリックすると、該当患者のビューワが起動します。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)