株式会社ファインデックス
Claioとの連携

Claioとは?

Claio製品画像
画像ファイリングシステム Claio(クライオ)は、紙カルテレス化を行う過程で取りこぼされやすい画像やデータを効率よく管理し、さらに価値ある利用を行う為の機能を搭載した、医療用データマネジメントシステムです。

検査機器1台の画像データから大規模病院にある各診療科の自科検査、各種紙データなどのトータルファイリングまで、幅広く利用できます。

また、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科においては専用パッケージを準備、自科検査が多い診療科のファイリングにも対応しています。

提供企業:株式会社ファインデックス(https://findex.co.jp/products/medical/claio/index.html

画像ファイリングシステムClaio
株式会社ファインデックス ロゴ

推奨動作環境

サーバ用PC

サーバ構成例

シングルサーバ構成

(※必要に応じてウォームスタンバイ構成、クラスタ構成、仮想環境)

OS

Windows Server 2012 R2 Std
Windows Server 2016
DBMS MicroSoft SQL Server 2014 Std
MicroSoft SQL Server 2016 Std
CPU IntelR XeonR Processor E5-2623 v3
(10M Cache, 4C/3.00 GHz)以上
メインメモリ 8GB以上

HDD

3TB(実効容量)以上

 

クライアント用PC

OS

Windows Vista
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10

CPU

Intel Pentium プロセッサー 以上

メインメモリ 1GB以上
画面解像度 SXGA(1280×1024)以上

ClaioとCLINICSカルテの連携

ビューワ連携

CLINICSカルテの診察画面の中にあるClaio起動ボタンをクリックすると、該当患者のビューワが起動します。

患者属性連携

CLINICSカルテの患者属性CSVファイルを出力することで、新患登録、患者情報更新などのタイミングでリアルタイムにCSVファイルを生成し、Claioとの共有フォルダに出力します。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)