CLINICSカルテの料金・価格・費用

catch-img

開業医の失敗事例をご紹介|失敗しないためのポイントについても解説します

一般的に、開業医は勤務医の年収を大幅に超えているといったデータが厚生労働省の調査で出ており、成功しているケースは少なくありません。

この記事では、開業医の成功確率や成功しやすい理由、また失敗例や対応策などを詳しく解説していきます。




\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


クリニック開業の成功確率


厚生労働省の調査によると勤務医の平均年収は1,500万円までです。一方で個人医院の収入は約2,400万円、医療法人の院長収入は約2,800万円と平均的に収入が高いことがわかります。開業医の場合経費がかかり失敗することもあるため、単純な比較はできませんが平均年収より収入が高いといえるでしょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


開業医の成功確率が高い2つの理由


開業医の成功率が高い理由は、以下の2つです。

  • 融資を受けやすい
  • 顧客を獲得しやすい

1.融資を受けやすい

開業医は一般企業と比べて融資のハードルが低い特徴があります。医師会や地方自治体の開業支援ローン、日本政策金融公庫の新規開業資金、独立行政法人福祉医療機構など、さまざまな融資や金利の優遇処置を受けやすい傾向です。

2.顧客を獲得しやすい

開業医の成功率が高い理由の1つが顧客を獲得しやすいことです。地域の人口数や年齢構成、傷病別の受療率などの公開データがあることから患者総定数を把握することができます。これらのデータを分析して適切な開業地を選び、顧客を獲得できるのです。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


開業医の失敗事例


開業医が失敗する理由には以下のようなものがあります。ある程度傾向がわかるため、事前に対策を講じることができるでしょう。

  • 運転資金が不足している
  • 戦略ミスもしくは戦略を策定していない
  • ネット戦略を考えていない
  • スタッフの問題
  • 装備が過大
  • 新型コロナウイルスの影響
  • 経営スキルがなかった

1.運転資金が不足している

開業医が失敗する理由として、 運転資金が不足していることが挙げられます。装備が過大すぎたり十分な運転資金を準備していなかったりすることが考えられます。開業してから計画通りに進まないからといって、融資額を増やしてくれるケースは少ないので、結果的に失敗につながってしまうのでしょう。

2.戦略ミスもしくは戦略を策定していない

戦略ミスもしくは戦略を策定していないことも、開業医が失敗する理由です。例えば、開業場所を十分に調べずアクセスが悪いことから、患者が来ない、競合のクリニックが多い、など十分な運営戦略ができていないクリニックは少なくありません。

3.ネット戦略を考えていない

開業医が失敗する理由として、ネット戦略を考えていないこともあるでしょう。これまでホームページやSNSを運用していない病院やクリニックが多かったかもしれません。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響やスマートフォンの普及率向上などで、患者の受診行動が大きく変わったのでしょう。多くの患者がホームページを見たりSNSで情報を収集したりして来院するケースが増えてきたのが現状です。

かかりつけ医の情報を調べる患者も少なくありません。そのため、ホームページがなかったり、情報を全く更新していなかったりすると評価が落ちる可能性があります。

4.スタッフの問題

開業医が失敗するのは、スタッフの問題が考えられます。スタッフ同士の問題、スタッフと医療機関の相性など人間関係のトラブルが開業医の大きな悩みとなることは少なくありません。スタッフを教育したり組織作りを進めたりすることは、集患以上に院長にとって重要な仕事になることは少なくありません。そのためにも、院内のコミュニケーションを活性化させることが開業を成功させるうえで重要です。

5.装備が過大

装備が過大であることも開業医が失敗する理由です。適切な診療機器は必要ですが、不要なものまで導入すると費用が高額になるほか設置スペースの問題にも発展します。開業するときに借入金が2億円を超えるのは産科クリニックだけです。他のクリニックで2億円を超えている場合は、過大設備となっている可能性が高いため再検討することが必要でしょう。

例えば小児科の場合、レントゲンは不要であるケースがほとんどです。このように、必要な設備だけ導入することが重要です。

6.新型コロナウイルス感染症の影響

開業医が失敗する理由として、新型コロナウイルス感染症の影響も大いにあります。一般企業や飲食店などと同じく、クリニックも新型コロナウイルス感染症の影響で患者が減り倒産につながっているケースがあるのです。患者が減少したことから、緊急融資を受けている医療機関も多く、今後も予想がつかないのが現状です。

7.経営スキルがなかった

開業医が失敗する理由には、経営スキルがなかった場合があります。 経営者として、一般企業と同じように経営資源を有効活用することが重要です。経費の使い方や将来の収益予測など考えるべきことが多いのです。医師としては、患者に適切な医療技術を提供することも経営スキルの1つでしょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


開業医が失敗しないための4つのポイント


開業医が失敗しないためには次の4つのポイントがあります。

  • 開業地を慎重に選定する
  • 人間関係に気を配る
  • 経営スキルを高める
  • 開業の支援を受ける

1.開業地を慎重に選定する

開業医が失敗しないためには、開業地を慎重に選定することが大切です。立地条件は患者の来訪に大きく影響します。また競合医院が多いと結果的に集客が難しいかもしれません。また、患者だけではなく賃貸料やスタッフの交通費など経費に影響する場合もあり、開業地は慎重に選定することが重要です。

2.人間関係に気を配る

人間関係に気を配ることも開業医が失敗しないためのポイントです。特に、少ないスタッフで運営している場合は、日頃から円滑にコミュニケーションをとるようにすることが重要です。人間関係が悪く頻繁にスタッフが入れ変わるようなクリニックは、結果的に患者の評判が落ちる傾向にあります。

3.経営スキルを高める

開業医が失敗しないためには、経営スキルを高めることが大切です。医師として適切な医療技術を提供することはもちろん、スタッフの管理や経営に関する戦略策定など、経営者として必要なことも多くあります。病院といえど一般企業を経営するのと変わらず、人・モノ・カネといった経営資源を有効活用することが重要です。

経営スキルは自然と身につくわけではないので、開業前に勉強しておきましょう。

4.開業の支援を受ける

開業医が失敗しないためには、開業の支援を受けることも開業医が失敗しない1つの方法です。ここまで説明したように、開業時には考えるべきことが多くあります。院長1人ですべてをこなすのは容易ではありません。そこで、医療コンサルティングなど専門家の支援を受けることで、失敗するリスクを減らせます。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


まとめ


開業医が失敗する理由には十分な戦略を立てていないことがほとんどです。しかし、院長は開業までにするべきことが多く十分な戦略を練られていないケースは少なくありません。そこで、開業支援のプロに依頼することをおすすめします。リスクを少しでも減らしながら開業することによって、失敗する確率を減らせるのです。

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

この記事の監修者。株式会社メドレーCLINICS事業部マーケティングチームリーダーの阿部 瑛。慶應義塾大学卒業。ファッションレンタルサービスを運営する企業にて、3年間マーケティングと新規事業を担当。2021年より株式会社メドレーに入社。 オンライン診療・電子カルテ・WEB問診のマーケティングを担当。

お役立ち資料

次世代の電子カルテ完全ガイドブックを無料で贈呈

人気のダウンロード資料


セミナー・デモのご案内

CLINICSカルテの画面や操作感を実際にご体験いただけます

週間人気記事ランキング


記事検索


タグ一覧