CLINICSカルテの料金・価格・費用

catch-img

精神科を開業する際のポイントを徹底解説|開業資金や失敗する原因についてもご紹介

開業する際、診療科目によって必要なことや注意するべきことは異なります。この記事では、精神科において開業時に必要なことや失敗する原因、さらに成功させるためのポイントを詳しく紹介していきます。




\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


精神科を開業するにあたって


精神科を開業するにあたって、開業資金や平均年収、また精神科が開業しやすい診療科目である理由を説明していきます。

精神科の開業資金

精神科を開業するメリットとして、大きな機器を購入する必要がない点が挙げられます。また、機器だけではなく機器を設置する検査室や処置室も不要です。そのため合計で100万円未満の購入額となるケースは少なくありません。オンライン診療で精神科を開業するケースもありますが、同じように100万未満で開業できる場合が多い傾向です。

精神科医の平均年収

精神科医の平均所得は約2,587万円であり、全体平均の2,374万円と比較するとやや高めです。大きな理由としては、精神科は材料費や機材の維持費などが抑えられることが挙げられます。

精神科は開業しやすい診療科目

精神科は必要な医療機器が少ないため、開業しやすい診療科目であるといえます。他の診療科目と違い、診断に検査が必要ないケースが多いからです。また、オンライン診療を導入しやすい診療科目でもあり、立地条件や新型コロナウイルス感染症などの影響を受けにくい特徴もあります。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


精神科の開業で失敗する5つの原因


精神科の開業で失敗する原因は、以下の5つです。

  • 薬局との兼ね合いを考慮していない
  • 銀行の融資を受けられない
  • 立地の人通りが多い
  • 集患対策が不十分・していない
  • 競合医院が周辺にある

1.薬局との兼ね合いを考慮していない

精神科の開業で失敗する原因として、薬局との兼ね合いを考慮していないことが挙げられます。処方薬を渡す際、名前ではなくに番号で呼んだり大きな声で説明したりしないなど、プライバシーに配慮することが大切です。

2.銀行の融資を受けられない

銀行の融資を受けられないことも、精神科の開業で失敗する原因の1つです。精神科や心療内科は増加傾向にあり、ここ10年ほどで借入を断られているケースもあるので、注意が必要です。

3.立地の人通りが多い

精神科の開業を失敗する原因として立地の人通りが多いことが挙げられます。精神科に通う患者はじっくりと話したい人が多く、人込みの中では来院しにくいことを考慮することが重要です。

4.集患対策が不十分・していない

集患対策が不十分もしくはしていないことも精神科の開業で失敗する原因です。特に、精神科を探す患者はインターネットを使って情報を収集するケースがほとんどです。そのため、患者に必要な情報をインターネット上で提供するようにしましょう。

5.競合医院が周辺にある

精神科の開業で失敗する原因として、競合医院が周辺にあることが挙げられます。周辺に競合医院が多い場合、患者が他のクリニックを選んでしまい、精神科の開業に失敗する可能性が出てくるでしょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


精神科の開業を成功させるための4つのポイント


精神科の開業を成功させるためのポイントは、次の4つです。

  • 開業する場所
  • 落ち着きのある内装づくり
  • ネットを活用した集患対策
  • 近隣薬局との連携

1.開業する場所

精神科の開業を成功させるためには、適切な開業場所を選ぶことが重要です。精神科は長期間通院することが一般的です。そのため通院しやすい場所を選ぶようにしましょう。あまりにも人が多い場所や目立つ場所だと患者が入りにくいため、配慮することが大切です。

2.落ち着きのある内装づくり

精神科の開業を成功させるためには、落ち着きのある内装づくりを心がけましょう。精神科に通う患者は、医師と話すことが目的で来院しています。そのため、じっくりと話せるような内装でなければ相談しやすい環境とはいえません。

3.ネットを活用した集患対策

ネットを活用した集患対策を講じて、精神科の開業を成功させましょう。近年、インターネットやスマートフォンが普及し、患者がクリニックや病院を探す際のツールとなっています。そのため、ホームページやSNSなどネット上の情報を充実させるようにしましょう。

4.近隣薬局との連携

精神科の開業を成功させるためには、近隣薬局との連携が大切です。精神科に通う患者は、周りに自分が精神科を受診していることを知られたくないケースがほとんどです。そのため、処方薬を渡す際は、プライバシーが周りに漏れないように情報を共有して連携を図りましょう。


\ 補助金の締め切りを逃したくない方必見 /
【完全版】IT導入補助金解説ガイドブックを無料配布中


まとめ


精神科は特別な医療機器が不要で、初期費用が少なく開業できるのが特徴です。患者の多くは静かに来院して、じっくりと先生と相談するのが目的であるため、他の診療科目とは求められる内容が異なります。

この記事を参考にして、精神科の開業を成功させましょう。

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

この記事の監修者。株式会社メドレーCLINICS事業部マーケティングチームリーダーの阿部 瑛。慶應義塾大学卒業。ファッションレンタルサービスを運営する企業にて、3年間マーケティングと新規事業を担当。2021年より株式会社メドレーに入社。 オンライン診療・電子カルテ・WEB問診のマーケティングを担当。

お役立ち資料

次世代の電子カルテ完全ガイドブックを無料で贈呈

人気のダウンロード資料


セミナー・デモのご案内

CLINICSカルテの画面や操作感を実際にご体験いただけます

週間人気記事ランキング


記事検索


タグ一覧