文書

CLINICSカルテの「文書」について

紹介状などのよく利用する定型文書はもちろん、医療機関オリジナルの帳票を取り込んで文書を作成することもできます。
文書作成時には患者情報が文書へ自動反映されるため、転記の手間を削減できます。

「文書」の機能紹介

カルテから簡単に文書を作成

カルテ画面内の文書雛形一覧より、作成したい文書雛形を選択すると、日付・医療機関情報・患者情報などの項目を反映したファイルが、パソコンにダウンロードされます。
ダウンロードされたファイルをWordもしくはExcelのアプリケーションで開いて、適宜編集が可能です。

医療機関オリジナルの文書雛形を登録

よく使う文書は最初から文書雛形が用意されており、すぐに使うことができます。
あらかじめ用意されている文書雛形は、以下の通りです。

・証明書
・診断書
・医師意見書
・経過報告書
・診療情報提供書
・診療に関する説明と承諾書
・訪問看護指示書
・特別訪問看護指示書

さらに、医療機関専用にカスタマイズした文書雛形を登録して使うことも可能です。
登録作業は医院にて行えますので、運用にあわせて記載内容を変更したり、新しい雛形を追加したり、自由に文書雛形をメンテナンスできます。

フォルダ分けで文書雛形を使いやすく整理

たくさんの文書雛形を登録すると、いざ使用する際に目的の雛形を見つけることが難しくなってきます。 そんなときは雛形のフォルダ分け機能を利用することで、目的の雛形を探しやすく整理できます。 患者様が持参した書類などカルテにアップロードしたファイルも、文書雛形と同様にフォルダ分けして管理することが可能です。 アップロードしたファイルの活用イメージはファイル管理からご覧いただけます。

「文書」の活用イメージ

カルテから紹介状への転記の手間を削減

CLINICSカルテの文書機能では、患者番号や患者氏名といった患者様ごとに一意な情報に加えて、処方情報・傷病名・既往歴を自動反映させることができます。
例えば診療情報提供書に傷病履歴から選択した「傷病名」を自動反映させるなど、必要な情報を反映させれば、カルテから文書への転記作業を格段に少なくすることができます。

公的に公開されている雛形ファイルを簡単に取り込み

自立支援医療や難病疾患の診断書のように都道府県や市町村などが公開している文書の雛形は、多くの場合Word形式もしくはExcel形式で公開されています。
CLINICSカルテはWord形式とExcel形式のファイルを文書雛形として登録可能ですので、これらのファイルをすぐに取り込んで文書作成時に利用することができます。

用途にあわせて複数の紹介状雛形を用意

例えば紹介状の文書雛形を、紹介先・診療科・対象疾病ごとに複数用意しておきたいといった場合には文書雛形の数が多くなりがちです。
そのような場合でも「紹介状」フォルダや「頻用」フォルダなど医院の運用にあわせてフォルダ管理ができるため、たくさんの文書雛形を整理された状態で活用することができます。

CLINICSカルテ概要資料

クラウド診療支援システムCLINICS(クリニクス)「CLINICSカルテ」の機能・特徴についてわかりやすく解説した資料です。今後のクリニック運営の選択肢の一つとして、クラウド型電子カルテについても、今一度、検討してみませんか?

こちらの機能もご覧ください

CLINICSカルテの「受付管理」について

「CLINICSカルテ」の受付画面では、当日の来院患者、診療ステータスなどの受付状況を一覧で確認することができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「受付管理」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「患者登録」について

「CLINICSカルテ」の患者登録は、シンプルな一連の操作で行うことができます。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「患者登録」に関連した機能を紹介しています。

CLINICSカルテの「メモ機能」について

「CLINICSカルテ」のメモ機能は、患者様来院当日に使用できる当日メモと、患者様に恒久的に紐づく患者メモの2種類のメモを作成、保存することができる機能です。本ページでは、「CLINICSカルテ」の「メモ機能」について紹介しています。

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)