地域の健康を支える親子2代の診療所
-CLINICSカルテで持続可能な診療所運営を実現-

黒崎医院|山邉忠厚院長先生・山邉裕一郎先生
内科・放射線科・在宅訪問診療

2020.10.28

※今回は、事前にクリニックの皆様でお話しいただいた内容をもとに、山邉裕一郎先生からお話をお伺いしました

診療所の未来を考えるとクラウド型電子カルテだった

―クリニックの特徴を教えてください

山邉裕一郎先生:当診療所は唐津市街より少し離れた田舎町にあります。明治33年に曽祖父が開設し祖父へと引き継がれ現在は父が3代目です。一般内科と訪問診療を行っています。患者さんはほとんどが地域の方で昔からご家族で来院され顔見知りの方が多いことが特徴です。

父は80歳で現在も現役で診療をしています。私は非常勤として週3回診療を手伝っています。

―電子カルテ導入の背景を教えてください

山邉裕一郎先生:導入のきっかけは使用していたレセプトコンピュータのサポートの期限が迫っていたことと、私はいずれクラウド型電子カルテを導入したいと考えていたこともあり、良い機会だったので父に相談をしたら「じゃあ入れるか」となりました。

導入に向けて話がスムーズにできたのは父がパソコンを上手く使っていた点もあります。

―クラウド型電子カルテを検討されたのはなぜですか?

山邉裕一郎先生:患者さんのカルテを全てのパソコンで見ることができること。いつでもどこでもカルテを開くことができるのがいいなと思いました。私が診療所にいなくても外からカルテを開くことができ、父と情報を共有できます。また訪問診療時には紙カルテに代わりパソコンを持って行くと患者さんの状況、検査の指示、処方等の情報をそこから即座に送ることができるので会計業務も迅速に行うことができる。便利ですよね。

カルテのデータを安全に保存できる点でもクラウド型電子カルテに魅力を感じていました。万が一診療所が被災した場合オンプレミス型だと院内のサーバーが全ての情報を失うことになりかねません。情報を守るためにクラウド型電子カルテが安全にデータを保存できると思い導入を検討しました。

―CLINICSカルテをご導入された理由について教えてください

山邉裕一郎先生:きっかけになったのはメドレーの豊田剛一郎先生の著書「ぼくらの未来を作る仕事」を読んでいたことです。いつかそういう時代がくるかなと思っていました。導入にあたっては妹がクラウド型電子カルテを使っていたので、私も調べてみるとメドレーも電子カルテを提供していることを知り、とりあえず話だけ聞いてみようということになりました。

オンラインで実際に画面をみせてもらったら、カルテ画面がとても見やすく父も気に入ってくれました。診療内容や検査結果、処方内容を含めた全体像を一画面で確認できる点が非常に良かったですね。私の診療所では高機能の電子カルテではなく、紙カルテのような感覚で記載できる電子カルテが合うと思い導入を決めました。

導入初期から業務効率化の実現まで

―実際に導入をしてみて、いかがですか?

山邉裕一郎先生:当時はリリース直後の電子カルテだったこともあり、導入当初は正直言って最悪でした。
それまで使っていたレセコンのデータをCLINICSカルテへ移行するのに新旧のシステム会社さんが関わるのでスムーズにいかない部分もあり大変でしたね。

患者さんのID・氏名・生年月日・住所等の基本情報は移行できましたが、診療行為、処方内容等の診療情報は移行できず、カルテにひとつひとつ手作業で入力する必要がありました。

また、事務の受付業務は従来のレセコンとCLINICSカルテの2台に同時入力する事から始めました。1ヶ月後にレセコンとCLINICSカルテの集計結果は一致しましたが、まだ請求業務までには不安があり併用を続ける事にしました。2ヶ月目、3ヶ月目も集計結果がぴったり一致したのでCLINICSカルテに完全に移行しました。
事務スタッフには遅くまで残業してもらったこともありました。彼女がITに興味があり詳しかったことがとてもラッキーでした。本当に良く頑張ってくれました。

―評価している点を教えてください

山邉裕一郎先生:今では父もパソコンを訪問診療時に持参しています。その場で所見の記載や薬の処方等の情報をリアルタイムで診療所ヘ送る事ができ、事務作業が手早く効率良くできるようになりました。

また、患者さんの情報をカルテ画面から迅速に見る事できるのがとても良いですね。例えば、個々の診療情報提供書をスキャンしてカルテにアップロードしていますので、診療時に簡単に、素早く必要な情報を得ることができます。
また、検査センターからの血液データをUSBで取り込むことができます。
さらに、製薬会社の薬品の商品名を入力すると直ちに一般名に変換されるのも便利ですね。

―改善が必要な点を教えてください

山邉裕一郎先生:当診療所に通院している患者さんは生活習慣病の方が多く長い間経過観察が必要です。診療中の特記すべき疾患の状況、種々の検査を行った日、他院へ、また他院からの情報提供書の授受日などのメモを時系列で残しておく一覧表がカルテの中にあれば、必要な履歴が迅速に検索できて便利だと思います。
それから、検査センターの検査結果がオンラインで直接カルテに受け取れるようになって欲しいですね。現在は検査のデータをUSBで毎週持ってきてもらっています。

―サポート体制はいかかですか?

山邉裕一郎先生:導入当初はチャットサポートの返信が遅れることがあり事務スタッフが不安になってしまうことがありましたが、現在はすぐに返事を頂けるので安心して利用できています。

オンライン診療で働き盛り世代の治療継続を支援したい

―メドレーに今後期待していることがあれば教えてください

山邉裕一郎先生:仕事等の関係で来院できない患者さんに対して将来はオンライン診療を取り入れたいと思っています。オンライン診療の制度が確立されたときには当診療所でも検討したいと考えています。

「黒崎医院」概要
医療機関名:黒崎医院
所在地:佐賀県唐津市浦5063-1
TEL: 0955-72-4313

患者とつながるクラウド電子カルテで 効率的な診療業務をはじめませんか

お問い合わせはこちらから
詳しい資料を無料でダウンロード
無料デモ体験の申し込みはこちら
株式会社メドレー CLINICS事業部
受付時間 10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)