CLINICSカルテの料金・価格・費用

catch-img

眼科開業医の平均年収はどれぐらい?開業・経営する魅力や年収をあげる方法を紹介

「眼科で開業したいけれど年収が気になる」

「眼科医が年収を上げる方法を知りたい」

クリニックの開業を目指している方で、上記のような疑問を抱えている方もいるでしょう。

眼科は需要も高く利益も確保しやすい診療科です。しかし、どのように年収をあげればいいのかわからない方もいるはずです。

当記事では眼科開業医の平均年収や年収が高い理由、年収を上げる方法などを紹介します。当記事を読むことで、眼科医としての開業に一歩踏み出せるでしょう。


CLINICS編集部


目次[非表示]

  1. 1.眼科開業医の平均年収はどれくらい?
  2. 2.眼科開業医の年収が高い理由
    1. 2.1.コンタクトレンズを使用している人が多い
    2. 2.2.他の診療科と比較して手術時間が短い
  3. 3.眼科開業医が年収を上げる方法3選
    1. 3.1.1.技術を高める
    2. 3.2.2.SNSを活用する
    3. 3.3.3.集患・増患対策をする
  4. 4.眼科を開業・経営する魅力
    1. 4.1.ワークライフバランスがとりやすい
    2. 4.2.ニーズが高い
  5. 5.眼科開業医年収に関するよくある質問
    1. 5.1.質問1.眼科医の業務内容とは?
    2. 5.2.質問2.眼科を開業する際の注意点は?
  6. 6.まとめ

眼科開業医の平均年収はどれくらい?

眼科開業医の平均年収は、約3,500万円といわれています。

開業医ではない眼科の平均年収は、約1,000万円であるため約3.5倍になる計算です。なぜ、眼科開業医の平均年収が高いのかは、次章で解説します。

参考:第22回医療経済実態調査報告 


眼科開業医の年収が高い理由

眼科開業医の年収が高い理由は、以下の通りです。

  • コンタクトレンズを使用している人が多い
  • 他の診療科と比較して手術時間が短い

それぞれ詳しく紹介します。

コンタクトレンズを使用している人が多い

コンタクトレンズを使用している人が多いのが、眼科開業医の年収が高い理由です。

コンタクトレンズを使用している方は、処方箋をもらいに眼科を利用します。ただし、眼科で処方箋をもらわずに、コンタクトレンズを購入している方もいるでしょう。

そのような方でも、視力に変化があった場合は眼科を利用するはず。コンタクト使用者が定期的に眼科に通院するため、収入をあげやすいのです。

他の診療科と比較して手術時間が短い

眼科は、他の診療科と比較しても手術時間が短いことが特徴です。

眼科では白内障や緑内障、レーシックなどさまざまな手術を手がけていますが、15分から2時間で終わるケースが多い傾向です。時間が長い手術でも、約3時間で終わります。

1日で多くの手術を担当できるケースが多いため、収入をあげやすいわけです。

参考:24.目の病気の手術治療|目と健康シリーズ

眼科開業医が年収を上げる方法3選

眼科開業医が年収を上げる方法は、以下の3つです。

  • 技術を高める
  • SNSを活用する
  • 集患・増患対策をする

それぞれ詳しく紹介します。

1.技術を高める

年収アップを目指す場合は、眼科医としてさらに技術を高めるのがおすすめです。眼科は視力検査や緑内障の手術など、さまざまな症状に対応しますが提供しているサービスが眼科によって異なります。

レーシックやICLのような専門性の高い手術ができるようになると、他クリニックにはない強みになるでしょう。眼科医として技術を高めて、年収アップを目指すのがおすすめです。

2.SNSを活用する

年収アップを目指すには、SNSを活用するのがおすすめです。

インターネットやSNSを活用して、眼科を選ぶ患者も少なくありません。SNSでクリニックの様子や、提供しているサービスなどの発信を行うと患者に情報が伝わりやすくなります。

また、クリニックや医師の雰囲気がわかると安心して通院しやすくなるでしょう。積極的にSNSを活用すると増患につながり、年収アップも目指せます。

3.集患・増患対策をする

集患・増患対策をすると、年収アップを目指せます。

希少価値の高いサービスや、清潔感のある内装のあるクリニックに仕上げても患者が来院しなければ売り上げは上がりません。集患・増患対策として有効なのがSEO対策やホームページ作成です。

適切なSEO対策を行うと、Google検索で上位表示されやすくなり患者の目に留まりやすくなります。オリジナリティのあるホームページを作成し、ブログなどで情報発信するとクリニックの様子が患者に伝わりやすいです。

また、一目でわかりやすい看板を作成してもいいでしょう。


眼科を開業・経営する魅力

眼科を開業する・経営する魅力は、以下の2つです。

  • ワークライフバランスがとりやすい
  • ニーズが高い

それぞれ詳しく紹介します。

ワークライフバランスがとりやすい

ワークライフバランスがとりやすいのが、眼科を開業する魅力です。

眼科は手術時間が短いものが多く、手術後に入院が必要になるケースも少ないためスタッフの雇用も最小限で済みます。自分の時間を確保しやすく、家族がいる方も働きやすいでしょう。

子育てはもちろん、休みが欲しいなど自分の理想の生活を実現しやすいです。ワークライフバランスを重視している方は、眼科の開業を検討してみてはいかがでしょうか。

ニーズが高い

眼科は、子どもから高齢者まで利用する診療科でニーズが高いのが魅力です。

日本は年々高齢者が増加傾向にあるため、緑内障や白内障などのニーズも多いでしょう。高齢化が進む日本で眼科は、今後もニーズが高まる診療科で年収アップも目指しやすいです。


眼科開業医年収に関するよくある質問

眼科開業医年収に関するよくある質問は、以下の通りです。

  • 眼科医の業務内容とは?
  • 眼科を開業する際の注意点は?

疑問を解消できるように、それぞれ詳しく回答します。

質問1.眼科医の業務内容とは?

眼科医の業務内容は、以下の通りです。

  • 外来対応
  • 眼鏡・コンタクトレンズの処方
  • レーシックなどの日帰り手術

質問2.眼科を開業する際の注意点は?

眼科を開業する際の注意点は、以下の通りです。

  • 開業には高額な費用が必要
  • スキルを高める必要がある
  • 集患に力を入れる

まとめ

ここまで、眼科開業医の平均年収や年収が高い理由、年収を上げる方法などを紹介しました。

眼科開業医は、短時間手術も多くワークライフバランスをとりやすいのが魅力です。SNSの活用やレーシックやICLなどの専門技術を高めると、他クリニックと差別化をはかれて集患につながります。

眼科医として開業を考えている方は当記事を参考に開業後、集患など取り組める施策を講じてみましょう。

​​​​​​​

医院経営に役立つ情報配信中!友だち追加でお役立ち情報を受け取る
CLINICS編集部

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

人気のダウンロード資料

画像をクリックすると
ダウンロードページに移動します
CLINICSオンライン診療完全ガイドブック
電子カルテ完全ガイドブック
事業計画書テンプレート

電子カルテ体験会のご案内


週間人気記事ランキング


記事検索


タグ一覧