患者とつながる
新しいクラウド電子カルテ

CLINICSカルテとは

医療機関業務がつながる

CLINICSの他プロダクトと組み合わせることで、Web予約・Web問診・オンライン診療・キャッシュレス決済をすべてCLINICSカルテで一元管理し、一貫性のある操作性を実現できます。他システムとの連携で課題となる操作性の違いによる使いづらさや、患者・予約・問診情報の多重管理がなくなり、医療機関業務を効率的に行えます。

患者とつながる

メドレーとNTTドコモが共同運営する患者向けアプリ「CLINICS」との連携により、患者とのつながりが強化されます。

患者向けアプリ「CLINICS」を介して診察予約、オンライン診療、アプリでのメッセージ送信、キャッシュレス決済など多彩な機能で患者の通院利便性を向上させることができます。

レセプトを内包

日医標準レセプトソフト「ORCA」を内包することで、レセプトソフトを別途操作する必要がなく、これにより事務スタッフの受付・会計作業が大幅に削減され、医療現場のスタッフからも高く評価されています。

経営分析機能を標準装備

患者情報・傷病名・診療行為・会計情報などの、診療に関わる網羅的なデータを多様な分析軸で抽出することができます。レセプトファイルのインポート作業なくCLINICSカルテ上で操作可能。データドリブンなクリニック運営を支援します。

CLINICSカルテの機能・導入事例・料金がすべてわかる

お電話でのご相談

平日10:00 ~ 18:00
(土日祝・年末年始休み)

電子カルテ導入時によくあるお悩み

01

受付・診察・会計を効率化したい

02

初期導入や維持費のコストが高い

03

自宅や往診先でカルテを確認できない

04

院内機器と連携できるか不安

05

クラウド型はセキュリティが不安

06

使いこなせるか不安

CLINICSカルテがすべて解決します

01

予約・問診・診察・会計を一元管理し、業務効率改善に寄与

CLINICSの他プロダクトと組み合わせることで、Web予約・Web問診・オンライン診療・キャッシュレス決済をすべてCLINICSカルテで一元管理し、一貫性のある操作性を実現できます。

他システムとの連携で課題となる操作性の違いによる使いづらさや、患者・予約・問診情報の多重管理がなくなり、医療機関業務を効率的に行えます。

02

オンプレミス型に比べて
15年間で約600万円コスト削減

サーバーの購入・メンテナンス・5年ごとの買い替えなどの維持費がかからず、従来のオンプレミス型より、初期コスト・維持費を安く抑えることが可能です。

03

自宅・往診先などからも電子カルテを確認可能

CLINICSカルテなら、往診先や外出先からのカルテの確認・入力も、パソコンから操作可能です。

時間・場所・台数を気にすることなくご利用いただけます。

04

充実した院内機器連携

CLINICSカルテは、クラウド型の利点を最大限活かしつつ、院外検査やレントゲン、心電図など様々な院内モダリティとの接続を可能にしています。
連携機器についての最新の対応状況に関しましては、お気軽にお問い合わせください。

05

安心・安全のセキュリティ対策

医療情報という機密性の高い情報を取り扱うシステムとして、社内外のセキュリティ水準を向上させていくことを目指しISMSクラウドセキュリティ認証を取得。SSL暗号化通信+証明書認証により安心のセキュリティを実現。

06

オンラインと往訪を組み合わせた最適なサポート体制

CLINICSカルテの操作のサポートはもちろん、カルテ導入時のサポート、検査会社や機器連携等などのご要望についても専門スタッフが在籍しておりますので、幅広いサポートが行えます。さらに、必要に応じて全国どちらでも、往訪サポートを行うことができます。

CLINICSカルテの機能・導入事例・料金がすべてわかる

お電話でのご相談

平日10:00 ~ 18:00
(土日祝・年末年始休み)

導入事例

内科

実際に開発企業を訪問して、このカルテに決めました

私は、システムを導入する際には必ず企業を訪問し、社風や社員の様子を確認することを心掛けています。実際にメドレー(CLINICSカルテを開発している企業)に訪問した際、若々しさと勢いに溢れた開発マインドが印象的でした。

錦糸町内科ハートクリニック|福井 院長

婦人科

予約・電子カルテ・オンライン診療が “全部揃っている”が決め手

これら全て揃っているシステムがCLINICSだったためです。電子カルテはオンプレ型も検討しましたが、初期費用が抑えられる点と自分の好きなパソコンを用意できる点からクラウド型を希望しました。

吉丸女性ヘルスケアクリニック │ 吉丸 院長

内科

知り合いの先生が 『CLINICS使いやすいよ』と口を揃えていた

2018年9月の開業時に、レセコン内包型の電子カルテを探していました。ORCA(日医標準レセプトソフト)を完全内包していることが一番の決め手になりました。

本多記念青野クリニック|青野 院長

CLINICSカルテの主要な機能

受付管理

受付業務の負荷を減らすため、操作性と視認性にこだわりました。

診療録

診察に必要な情報を一つの画面内に収めることで、複雑な操作を必要とせず効率的に診療業務に専念できます。

会計業務

ORCAを内包しているため、会計業務もカルテと同様の操作性で効率的な業務が行えます。

レセプト出力

別途レセプトソフトを立ち上げることなく、CLINICSカルテ内で毎月のレセプトを作成することができます。

経営分析

診療に関わる網羅的なデータを多様な分析軸で抽出することができます。データドリブンなクリニック運営を支援します。

各種機器連携

PACSや院内機器との連携も行えます。対応機器等に関しましてはお問い合わせください。

CLINICSプロダクトとの連携

CLINICSカルテと他のプロダクトを必要に応じて組み合わせることで、シームレスに業務が繋がります。

Web予約

医院専用のWeb予約ページを作成可能です。予約情報は一元管理されるため、電子カルテと予約システムを使い分ける必要がなく、受付の手間を削減できます。

オンライン診療

ビデオ通話機能、画面共有機能、キャッシュレス決済やファイル送信などオンライン診療に必要な機能がすべて揃っています。

オンライン診療はCLINICSカルテ上で行うことができます。

Web問診

Web問診票を活用いただくことで、患者が回答した問診内容データをCLINICSカルテで確認できます。問診をカルテに転記する手間を大幅に削減します。

CLINICSカルテの機能・導入事例・料金がすべてわかる

お電話でのご相談

平日10:00 ~ 18:00
(土日祝・年末年始休み)

資料ダウンロード

CLINICSカルテの機能を知りたい方へ

3分でわかる CLINICSカルテ

・新しいタイプの電子カルテとは

・なぜ「オンプレミス型電子カルテ」は高いのか

・クラウド型電子カルテのセキュリティとは

・スムーズにデータを移行するコツとは

・診療科毎の活用事例のご紹介

CLINICSカルテを導入した先生の声が知りたい方へ

CLINICSカルテ 導入事例集

・8つのクリニックの導入事例

・電子カルテ導入の背景

・電子カルテ導入による効果

最大150万円補助対象の「IT導入補助金」を利用したい方へ

[2022年度] IT導入補助金完全ガイドブック

・IT導入補助金の概要

・IT導入補助金の種類

・IT導入補助金の申し込み方法

30秒で入力完了

CLINICSカルテの機能・導入事例・料金がすべてわかる資料を
無料ダウンロード!

CLINICSカルテに関して、
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

CLINICS専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

プロダクトラインナップ

CLINICSのプロダクトを組み合わせることで、医療機関業務をより効率的に行えます。

患者とつながる
新しいクラウド電子カルテ

患者中心の医療が実現できる
オンライン診療支援システム

現場の声を取り入れた誰もが使いやすい
医療機関向け予約システム

受付業務を効率化する
Web問診システム